野菜の色が教える驚きの栄養価!緑黄色野菜と淡色野菜、あなたはどれを選ぶ?

広告PR




記事内に広告が含まれています。
広告PR




 色でわかる野菜の栄養差!緑黄色野菜と淡色野菜の意外な事実 

緑黄色野菜と淡色野菜の分類は、野菜の色の濃さではなく、カロテンの含有量によって決まります。カロテンは黄色や赤色の色素で、食べた後に体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持や視力保護に不可欠な役割を果たします。

厚生労働省の定義によると、緑黄色野菜は100gあたりに600マイクログラム以上のカロテンを含む野菜です。これにはほうれん草、にんじん、かぼちゃなどが含まれます。

それに対して、淡色野菜はカロテン含有量が100gあたり600マイクログラム未満で、大根や白菜、キャベツなどがこのグループに入ります。

トマトやピーマンなどは通常、淡色野菜に分類されますが、食べる量によってはカロテンをたくさん摂取できるので、緑黄色野菜として分類されることもあります。

野菜

緑黄色野菜には、さやいんげん、オクラ、パセリなどがありますが、淡色野菜もネギ、枝豆、きゅうりといった種類があります。

カロテンを多く含む緑黄色野菜は積極的に摂取したい一方で、淡色野菜にも様々な栄養が含まれていますので、両方をバランス良く食べることが健康維持には欠かせません。

 まとめ 

野菜はカロテンの量に基づいて緑黄色野菜と淡色野菜に分けられますが、どちらも栄養価が高いため、健康的な食生活には両方の摂取が推奨されます。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました