なぜ福耳が金運を呼び込むのか?その秘密と意味を解き明かす!

福耳 豆知識
記事内に広告が含まれています。

 福耳の意味と由来:なぜ金運と結びつけられるのか 

「福耳の人は金運が良い」という話を聞いたことはありますか?

この話から「福耳=裕福」と考える人も多いでしょう。

では、なぜ福耳の持ち主は金運が良いと言われるのでしょうか?

今回は、福耳の意味や起源、そして金運との関連性について詳しく解説します。

「福耳」の読み方は「ふくみみ」です。

福耳にはいくつかの定義があります。

●大きくて肉厚の耳たぶ

●耳たぶが大きくて真下に垂れている耳

●幸福そうな耳

「福々しい」とは、柔らかくふっくらした様子や幸福そうな印象を表す言葉です。

また、福耳は幸運の象徴であり、金運や幸運に恵まれると言われています。

「福耳」の起源は「三十二相八十種好(さんじゅうにそうはちじっしゅこう)」にあるとされています。

三十二相はお釈迦様の32の特徴で、八十種好はその詳細です。

八十種好の代表的な特徴には以下のものがあります。

●細長い目

●非常に長く、細くて柔らかい眉毛

●三日月形で美しい瑠璃色の眉毛

●長くて艶があり、香りの良い髪の毛

●「螺髪」と呼ばれる右巻きのカールした髪

その中に「肩まで垂れ下がるほど長い耳」があり、これが福耳の起源とされています。

真下に大きく垂れ下がった福耳は金運だけでなく、偉人や聖人の特徴とされ、人相学や風水でも幸運を表すとされています。

孔子やお釈迦様の像でも、耳たぶが真下に大きく垂れ下がっているのが見られます。

また、耳たぶが上を向いている福耳は金運が良いとされています。

耳たぶに米粒が乗るほど上向きの福耳はとても縁起が良く、理想的な福耳とされ、人相学や風水では裕福の象徴とされています。

さらに、人相学では耳の裏にほくろがある人は幸運をもたらし、愛情や健康運に恵まれ、生涯お金に困ることがないと言われています。

特に福耳で耳たぶの裏にほくろがある人は、最高の幸せに恵まれるとされています。

福耳

 なぜ福耳は金運と関係があるのか? 

福耳が金運と関係があるとされる理由は、七福神や仏様に由来すると言われています。

七福神の中で以下の神々はふっくらとした耳たぶが特徴です。

・大黒天:財運や福徳を司る神
・恵比寿:商売繁盛と五穀豊穣の神
・布袋:開運の神
・福禄寿:財運と開運を司る神
・寿老人:長寿を司る神

また、お釈迦様、大日如来、観音菩薩、地蔵菩薩などの仏様も大きな耳たぶが特徴です。

これらの七福神や仏様が大きな耳たぶを持っていることから、「福耳は縁起が良く、金運に恵まれる」と考えられるようになりました。

また、福助人形も商売繁盛や千客万来、長寿、幸福のご利益があるとして知られていますが、その特徴的な耳も福耳です。

福耳で生まれる確率は500人に1人と言われています。さらに、耳たぶが上を向いて米粒が乗る理想的な形の福耳は1000人に1人の確率です。

福耳は遺伝するとされているため、親や祖父母が福耳であると、その子どもが福耳で生まれる可能性は高くなります。

また、生まれた時は普通の耳でも、成長するにつれて福耳になる場合もあります。

福耳の人がピアスを開けると、その穴から金運がこぼれ出るため、金運や幸運を失うと言われています。したがって、耳たぶ以外の場所にピアスを開けるのが良いとされています。

福耳の人は耳たぶが厚いため、自分でピアスを開けると失敗する可能性が高く、ピアスホールの安定にも時間がかかります。病院で開けてもらう方が安心です。

福耳の持ち主でも、努力なしで金運に恵まれる人は少ないでしょう。逆に、福耳ではないからといって努力を怠るのも違います。福耳であろうとそうでなかろうと、日々努力を積み重ねて自分の人生を開いていくことが大切です。

ちなみに、福耳だからお金持ちになるのか、お金持ちだから福耳になるのかははっきりしていません。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました