ツツジVSサツキ:見た目が似ている?それぞれの特徴を見極める究極のガイド!

広告PR




記事内に広告が含まれています。
広告PR




 ツツジとサツキの見分け方:葉と花の特徴で識別する方法 

春の象徴、桜が散った後に、色とりどりのツツジが各地で目を引きます。これらは多くの場合、公共の緑地に植えられています。

特に、赤紫色のツツジは街角の花壇を鮮やかに彩ります。

同じく、この時期にはサツキの美しい花も開花を始めます。

ツツジとサツキは春から初夏にかけての人気の花で、見た目が非常に似ているため、両者の違いを正確に認識している人は少ないかもしれません。

私の場合、同居する義父が趣味でサツキの盆栽を育てているため、サツキには特に詳しいです。そこで、この機会にツツジとサツキの具体的な違いを改めて調べてみました。

ツツジとサツキの区別は、一枚の葉を見るだけで明らかです。

この細かな違いや識別のポイントを一緒に見ていきましょう。

ツツジとサツキ、本当に似ている?
実際、ツツジとサツキはとても似ています。

その理由は、両者が「ツツジ属・ツツジ科」に属しており、ほぼ同一と言えるからです。

サツキは「サツキツツジ」とも呼ばれ、ツツジの一種とされています。

しかし、義父の趣味である園芸や盆栽の世界では、サツキとツツジは明確に区別されます。

ツツジは葉も花も大きく、早くに花開きますが、サツキはより小さな花と葉を持ち、ツツジの花期が終わるころに開花します。

それでは、ツツジとサツキの特徴を詳しく比較し、どのように見分けるかを探っていきましょう。

つつじ

 ツツジとサツキの見分け方:葉と花で判別する方法 

サツキは5月に多く咲くため、「サツキツツジ」とも称されます。対照的に、ツツジは一般に街路樹や庭木として使われることが多く、サツキは盆栽などで親しまれています。

ツツジとサツキは、葉の特徴によっても識別が可能です。花が咲いていない時期でも、葉の形や質感から見分けることができます。葉だけで種を特定できると、周りも驚くはずです。

よく見かける街路樹としてのツツジはオオムラサキツツジが多いですが、今回はこのツツジとサツキを比較してみましょう。

【葉の硬さと形状の違い】

ツツジの葉は柔らかく、細長い楕円形から卵形です。
サツキの葉は硬く、先端が尖っています。
【葉の表面の特徴】

ツツジの葉は光沢がなく、粘り気のある毛(粘毛)が生えています。
サツキの葉は光沢があり、粘毛はありません。
公園や遊歩道に植えられたツツジの葉は、子どもたちが遊んだ後に服に付くことがよくあります。

【花の大きさとおしべの数】

ツツジの花は直径約6cmで、5本以上のおしべがあります。
サツキの花は直径約4cmで、おしべは5本です。
【開花時期の違い】

ツツジとサツキは見た目が似ていますが、開花時期に差があります。ツツジは主に4月中旬から5月上旬にかけて咲き、サツキは5月中旬から7月まで咲きます。

ツツジとサツキの色彩の違いに注目しましょう。一般的に街路樹として目にするオオムラサキツツジは、その名の通り赤紫色の花を咲かせることで知られていますが、他のツツジの種類には白、ピンク、紫、場合によっては黄色といった様々な色が存在します。対照的に、サツキは主に紅赤色の花が特徴です。

サツキは、単一の株で紅赤色だけでなく、絞り咲きや覆輪など異なる配色の花を咲かせることがあり、これが盆栽愛好家にとって魅力の一つになっています。

サツキの新芽と花の成長の特徴にも着目してください。ツツジとサツキは新芽が伸びるタイミングが同じ5月頃であることが共通しています。これが意外に感じられるかもしれませんが、花と新芽の生育の仕方には違いがあります。

ツツジは花が咲いた後に新芽を出しますが、サツキは新芽が出た後に花を咲かせます。そのため、開花時期は異なりますが、新芽が現れる時期は同じです。

ツツジとサツキの新芽と花の関係は、例えば桜のソメイヨシノが花後に新芽を出すパターンと似ています。

今回はツツジとサツキの違いを紹介し、どのようにして区別するかを探ってきました。花がない時でも、葉の形や表面の特徴を見れば両者を区別する手がかりになります。品種改良が進むにつれて花の見分けが難しくなることもありますが、開花時期や花の大きさ、おしべの数など、細かい特徴を観察すれば正確に見分けることが可能です。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました