【注目】ガールスカウトの日特集!5月22日の意義と魅力を深掘り!

ガールスカウト 豆知識
記事内に広告が含まれています。

 5月22日は記念すべきガールスカウトの日!その意味と背景に迫る 

5月22日は毎年、「ガールスカウトの日」として、ガールスカウト活動の意義と歴史を振り返る特別な日です。ガールスカウトは、どのような活動を展開しているのでしょうか?

ガールスカウトはもともと、ボーイスカウトの女性版としてスタートしました。この記念日は公益社団法人ガールスカウト日本連盟によって定められました。具体的には、1947年(昭和22年)の5月22日に、第二次世界大戦で一時中断されたガールスカウト活動を再開する準備のための委員会が発足しました。

この日を契機に、「私たちの手で」というスローガンの下、戦後の復興期に活動が再開され、その2年後の1949年には、現在のガールスカウト日本連盟の前身となる社団法人が正式に設立されました。

ガールスカウトの起源は、1908年にロバート・ベーデン=パウエルによって設立されたボーイスカウトから着想を得たイギリスにあります。1910年、彼の妹であるアグネス・ベーデン=パウエルがガールガイドを創設し、その運動は瞬く間に世界中に広がりました。日本においては、1920年に東京の香蘭女学校で「日本女子補導団 東京第一組」として初めての活動が始まりました。

ガールスカウトは、人種、国籍、宗教を超えて、健全で自立した女性を育成し、社会に貢献することを目的としています。その活動は自己開発、人との交流、自然との共生を重視し、集会やキャンプ、地域のイベント参加を通じて社会経験を深めます。

また、5月19日から25日までは「ガールスカウト週間」とされ、様々なイベントが開催されます。その他にも、1月24日はボーイスカウト創立記念日、2月22日は世界友情の日、9月15日はスカウトの日として、それぞれ特別な日として認識されています。

ガールスカウト

 ガールスカウト活動ガイド:個人成長と社会への貢献 

ガールスカウトは、「自己開発」「人々との交流」「自然との調和」を三大柱として、女性のみで行う様々な活動を通じて、リーダーシップやコミュニケーションスキルなどを育成しています。団体での活動では、全国の各地域で定期的に開催される集会でスキルを身につけ、地域特有の取り組みや国際的なプロジェクトに参加し、自己成長を促進します。習得したスキルや新たな挑戦に応じてバッジが授与され、参加者の意欲をさらに引き出します。

地域社会との連携では、隣接する団体が共同でイベントを主催したり、地元の祭りやキャンプに参加し、コミュニティ内での結びつきを強化します。特に「ガールスカウトの日」には、活動の紹介や展示が多く行われ、外部とのつながりを広げる機会になります。また、学生が中高生になると、イベントの企画や運営に積極的に関わることで、さらなる経験を積むことができます。

全国規模での活動では、中学生や高校生が全国のキャンプや集会に参加し、意見を交換し、行動計画を立てるなど、プレゼンテーションの技術を磨きます。

国際的な活動においては、ガールスカウトは全世界に広がる組織であり、153の国と地域で880万人以上が参加している大規模なネットワークです。国際連合(UN)関連の会議に参加するなど、グローバルなステージで活躍する機会も豊富にあります。

ガールスカウトの歴史は長く、約100年前にイギリスで始まり、日本では1920年に始動しました。第二次世界大戦の中断を経て、1947年には再び活動が再開され、以降、潜在能力を引き出し、社会的な貢献が可能な女性を育てるためのプラットフォームを提供しています。

幼少期から成人まで一貫した教育の機会を提供し、その活動は「ガールスカウトジャーニー」として生涯にわたり続けられます。日本全国に拠点を持ち、5歳から100歳以上までの女性約3万人が参加しているこのコミュニティは、年齢に関係なく開かれています。

これらの活動を通じて、ガールスカウトは少女たちの成長をサポートし、彼女たちが自立し、幸せな生活を送るための基盤を築いています。ガールスカウトの日には、これらの活動を支援し、その歴史や成果を学ぶ絶好の機会です。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました