「迎え火と送り火」の魅力を解き明かす!季節の由来とその違い、感動の俳句例まで一挙公開!

迎え火 豆知識
記事内に広告が含まれています。

 「迎え火」の季節、意味、由来と「送り火」との違いについて解説!俳句例もご紹介 

「迎え火」とは、俳句や連歌において重要な季語で、豊かな表現で知られています。本記事では、「迎え火」の基本的な意味、由来、使用時期、さらに「送り火」との違いについて詳しく説明します。また、迎え火を題材にした俳句も紹介していきます。

お盆の「迎え火」と「送り火」の実際のやり方!マンションでも可能?代替方法についても解説!

 

  「迎え火」の意味と読み方 

「迎え火」とは、お盆に先祖の霊を迎えるために点火される火事です。この行事は、主に7月または8月の13日から16日にかけて行われ、その火は「むかえび」と呼ばれます。伝統的には豆殻や芋殻を用いて火を焚いていたものの、現代では安全性や利便性から電球を使った「盆提灯」が使用されることが多くなっています。

 

  「迎え火」の由来 

「迎え火」は、先祖があの世から迷わずに帰ってこれるよう導くための火として、日本では長く行われてきた習慣です。現代では建物のない場所も少なくないため、先祖の霊が正しい場所へ戻る手助けとして「迎え火」が重要な役割を果たしています。

 

  「迎え火」の季語としての位置づけ 

「迎え火」は俳句における「初秋」の季語とされています。この季語は秋の初めを象徴し、この時期に詠む俳句で使用されます。

 「迎え火」と「送り火」:それぞれの意味と相違点 

お盆の期間中に欠かせないのが、「迎え火」と「送り火」です。「迎え火」はお盆の初めに先祖の霊を迎えるために焚かれ、一方で「送り火」はお盆の終わりに先祖の霊を送り出すために行われます。

お墓参りでろうそくの火を盆提灯に移し、その火を持ち帰って自宅で迎え火を点火するのが一般的な習慣です。

迎え火

 迎え火を題材にした俳句: 

迎え火や向かいの暗闇
(むかえびや むかいのくらやみ)
清水保

迎え火や残された生涯の未定
(むかえびや のこされたしょうがいのみてい)
久保田一豊

迎え火や途切れる人通り
(むかえびや とぎれるひとどおり)
久保田万太郎

 まとめ 

季語は、俳句のみならず、手紙やビジネス文書の季節の挨拶にもよく使われます。これらの言葉は日本の四季を象徴し、見るだけで楽しめる魅力があります。実際の風景と比較しながら季語を楽しむことで、季節の変わり目をより深く感じることができます。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました