日本の伝統を守る秘訣!一本締め、一丁締め、三本締めの驚くべき使い分けとその意味

一本締め 豆知識
記事内に広告が含まれています。

  日本の伝統的な締め方について:一本締め、一丁締め、三本締め  

「皆様、どうぞご協力をお願いいたします・・・」

日本では、会合や式典の終わりに一同で手を叩く風習があります。

この習慣を「手締め」と称し、古来より日本文化の一環として親しまれ、現代ではビジネスシーンでも重要なマナーとされています。

本稿では、一本締め、一丁締め、三本締めの三つの手締めについて、その使い分けと意味を詳しくご紹介します。

これを機に、手締めの技術を身につけてみてはいかがでしょうか。

手締めとは?
手締めは、イベントや会議が無事に完了したことを祝う日本固有の伝統です。

参加者全員が掛け声と共にリズムを合わせて手を打つことで、その終了を祝います。

関西地方では「手打ち」とも呼ばれ、その使用は結婚式から葬儀、商談、株主総会に至るまで幅広いです。

この風習の語源は、「手を打って事を終える」ことからきており、日本の神話に由来を持つとされています。

例えば、大国主命が天照大神からの命を受け、その返答として事代主神が柏手を打ったという話がその起源です。

一本締め

  一本締めの実施方法とその意義  

実施方法は以下の通りです:

司会者が参加者に協力を呼びかけます。
「イヨーオ!」と掛け声をかけます。
参加者全員で手を10回叩きます。
「ありがとうございました」と感謝の言葉を述べます。
会場全体で拍手し、周囲に礼を示します。
一本締めはさまざまな場で使用され、手を10回叩くことに特別な意味があります。

「9回」で止めると「苦」という字が連想されるため、10回目を加えることで「円満な終結」を象徴します。

このような風習は、特に縁起を担ぐ文化が根強い地域で好まれています。

  一丁締めの基本と応用  

手締めの手順 

司会者または主催者が「皆様、ご協力を…」と発言します。
司会者または主催者が「さあ、始めます!」と呼びかけます。
皆が一度だけ手を打ちます(パン!)。
「皆様、ありがとうございました」と主催者が感謝を表します。
場の雰囲気によっては、拍手を省略することもあります。
一丁締めはしばしば一本締めと混同されがちですが、実はよりシンプルな形式です。

この一丁締めは、一回だけの手打ちで完結し、時には最後の拍手を省略することが特徴です。

そのため、静かな環境や急いで会を終える必要がある際に適しています。

例えば、居酒屋の宴会や小規模な集まり、または閉店前の店舗などで気軽に行うことができます。

地域によっては「関東一本締め」とも呼ばれることがあるため、事前に「一丁締めは『さあ、始めます!パン!』でお願いします」と案内すると良いでしょう。

異なる地域の人が集まる場では、このような説明があるとスムーズに進行できます。

一本締め

  三丁締めとは?  

三丁締めは、一本締めを三回繰り返し、各回の間に掛け声を挟む長い形式です。

手締めの手順:

司会者が「皆様、ご協力を…」と発言。
「さあ、始めます!」と呼びかけ。
皆で10回手を打ちます。
掛け声「一度目!」
再び10回手を打ちます。
掛け声「二度目!」
最後に10回手を打ちます。
「ありがとうございました」と結びの言葉。
三丁締めは特に大きな祝い事やイベントに適しており、盛大に行われます。

結婚式や新年会、ビジネスの大プロジェクト完了時の祝賀会などで好まれます。

場を借り切って他の参加者に迷惑をかけない状況で行うのがマナーです。

この手法は、イベントの規模が大きいか、特別な祝い事の際に選ばれることを覚えておくと便利です。

  まとめ  

「一本締め」「一丁締め」「三丁締め」は、日本の伝統的な集まりを締めくくる手法です。

これらはビジネスシーンを含む多様な場面で活用され、適切に使い分けることが社会人として求められるスキルです。

このガイドがあなたが会の締めくくりを効果的に行う助けになれば幸いです。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました