浮き輪を膨らませる驚きの裏ワザ!道具不要、口だけでOK?

広告PR




記事内に広告が含まれています。
広告PR




 浮き輪に空気を入れる際の代替方法:直接息を吹き込むのは可能? 

夏の楽しみといえば、海やプールの涼やかな風景ですよね。夏が来ると多くの人が水辺で過ごす時間を楽しみにしています。そんな時に欠かせないのが浮き輪ですが、もし空気入れがなかったらどうするでしょうか?また、手持ちの道具がないときには直接口で空気を入れることは実用的なのでしょうか?

 

  浮き輪に空気を入れる代替手段 

子供の頃に楽しんだ浮き輪ですが、いざ使おうと思ったら空気入れが見当たらないこともありますね。そんなとき、身近にあるもので代用する方法があります。必要なのは、大きめのごみ袋、ストロー、そしてハサミです。

ストローの一端を斜めにカットします。
尖った端をさらに切り取り、鋭利な部分を取り除きます。
そのストローを浮き輪の空気穴に差し込みます。
ごみ袋を広げて空気を包み込み、ストローの端にしっかりと接続します。
ごみ袋に少し体重をかけて空気を浮き輪に押し込みます。
浮き輪が十分に膨らむまで、この作業を繰り返します。
この方法は一人でも可能ですが、慣れるまでは二人で作業することをお勧めします。

また、ドライヤーを使って浮き輪を膨らませる方法もあります。この場合は、ドライヤーの冷風機能を使って数分で膨らますことができますが、電源が必要であり、水辺での使用には向きません。

これらの方法はどちらも浮き輪を準備するのに役立ちます。使用する際は、状況に合わせて最適な方法を選んでください。

浮き輪ふくらます

浮き輪を膨らます手軽な方法について探している方が多いですが、特に道具を使わないで済む方法として、口で直接空気を吹き込む手法があります。この方法は実際に効果的ですか?

実は、浮き輪には空気が抜けにくくするための弁が内蔵されており、この弁のために空気を入れる作業が少し難しくなっています。空気を入れる際は、浮き輪の空気穴の根元を指でしっかりと押さえて弁を開く必要があります。その後、深呼吸をして口から空気を吹き込みます。空気を止める時は、弁を手で抑えながらゆっくりと口を離し、これを繰り返すことで必要な量の空気を浮き輪に入れることができます。

しかし、大きな浮き輪を膨らませる場合、人間の肺の容量ではかなりの労力が必要になるため、ストローの使用が推奨されます。ストローを使う方法は簡単で、浮き輪の空気穴にストローを差し込み、そこから息を吹き込むだけです。これにより、直接口をつけるよりも簡単かつ効率的に空気を入れることができます。空気充填が完了したら、ストローを取り出して穴を閉じれば完了です。

 まとめ 

空気入れが手元になくても浮き輪に空気を入れることは可能です。今回紹介したのは、ごみ袋とストローを使う方法や、ドライヤーを使って空気を入れる方法です。ドライヤーは速やかに浮き輪を膨らませることができますが、電源の必要性や水辺での使用が難しいというデメリットがあります。そのため、より手軽で実用的なのはごみ袋とストローを使用する方法です。また、直接口で空気を入れる方法も可能ですが、ストローを使うと労力が減少し、より楽に作業が行えます。空気入れがないときには、これらの方法を試してみると良いでしょう。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました