京都旅行の必須土産!生八橋、八橋、おたべの魅力とは?

広告PR




記事内に広告が含まれています。
広告PR




 京都のお土産にぴったり!生八橋、八橋、おたべの特徴と違い 

生八橋は、米粉、砂糖、シナモンを混ぜ合わせて作るやわらかい和菓子です。その食感は柔らかく、もっちりしており、形は長方形。賞味期限は約1〜2週間となっています。
一方、八橋は生八橋の生地を焼いて作られ、パリッとした硬い食感が特徴です。見た目は伝統的な琴の形をしており、賞味期限は約3ヶ月です。
おたべは生八橋に粒あんを包んだバリエーションで、「粒あん入り生八橋」とも称されます。この商品の賞味期限も1〜2週間です。

京都を代表するこれらのお菓子の魅力
生八橋、八橋、おたべは、それぞれが京都の伝統的なお菓子として親しまれています。

生八橋の特徴
未焼成であるため、生八橋は非常に柔らかく、原材料の米粉、砂糖、シナモンの風味が直接感じられます。形状は一般的に長方形です。

八橋の特徴
生八橋と同じ材料から作られる八橋は、焼成することで食感が硬く変わり、パリッとした口当たりが楽しめます。形状は琴を模した半円形です。

焼八橋

 八橋の名称の由来 

八橋の名称の起源は明確ではありませんが、八橋検校(1614-1685)という江戸時代の箏曲の開拓者にちなんだという説が広く受け入れられています。彼を記念して、琴の形をした煎餅に「八橋」と名付けたとされています。
「おたべ」というのは粒あんが含まれる生八橋の一種で、特定の商品名としても知られています。
粒あん入り生八橋
この和菓子は生八橋の生地で粒あんを包んで作られており、「おたべ」という名前で株式会社美十から販売されています。他の製造者も同様の商品を製造しており、それぞれに異なる名称がつけられています。

粒あん入り生八橋の商品名の例としては、聖護院八橋総本店の「聖」、井筒八橋本舗の「夕子」、本家西尾八橋の「あんなま」などがあります。

賞味期限について
八橋の焼き菓子は賞味期限が長く、約3ヶ月です。一方、生八橋やおたべといった生菓子は賞味期限が短く、およそ1〜2週間となっています。

今日の話題TOP

タイトルとURLをコピーしました