京都 節分の意味とおすすめ寺社はここ

京都節分

もうすぐ節分です。京都の節分調べれば調べるほどまた奥が深いですね。


 節分とは 


節分とは何なんでしょう? ただ豆まいてお寿司を食べるだけ・・・・


いや違います節分とは

季節の節目を分けるという意味です。


特にこの春の節分は年の始まりという意味で尊ばれ 現代では節分といえばこの2月の節分のことのみを指しています。


平安時代は中国から伝わった儀式があり 「鬼やらう」と大声で叫びながら矢を射るという儀式が節分にあり

これが時代を経て 民間に伝わり今の「鬼は外」といい 矢が豆に代わったとされています。




京都では鞍馬で豆を鬼に投げつけ退治する話がなどあり 

魔の目(魔目)に豆を投げつけ 魔を滅する(魔滅)という謂れもあります。



「鬼は外福は内」と叫びながら豆を巻き その豆を歳の数だけ食べて成長を願い


イワシに柊を付けたものを玄関に飾り イワシの匂いに誘われた鬼がその柊の葉のトゲで目を突いて逃げ出すようにという厄除けもします。


このような魔除けをして無病息災を願うのが京都流です。




 京都節分おすすめ寺社  



節分に京都で厄除けをお考えならこのお寺や神社がおすすめですね^^
代表的なところを紹介します。

 ・伏見区  伏見稲荷大社 3日:9時(節分祭/豆まき)11時半・13時(豆まき)

 ・上京区  北野天満宮 3日:10時(節分祭)13時(茂山千五郎社中の狂言/上七軒の舞踊奉納/豆まき)
千本釈迦堂 3日:9時(祈願会)15時(茂山千作社中・招福おかめの鬼やらいの儀/豆まき)17時(大護摩供)
清明神社 3日:20時(厄よけ大祭)ここは今パワースポットとして人気です^^
壬生寺 2日:13時(山伏・幼児の練り供養)14時(大護摩祈とう)
神泉苑 3日:11時・14時(厄よけ護摩供) しょうが湯・大根だき接待


 ・東山区  八坂神社 2日:9時(節分祭)13時(先斗町・舞踊奉納/豆まき)14時(舞楽奉納/豆まき)15時(宮川町・舞踊奉納/豆まき)
3日:11時(今様の奉納/豆まき)13時(祇園甲部・舞踊奉納/豆まき)15時(祇園東・舞踊奉納/豆まき)
六波羅蜜寺 3日:15時(追儺式)14時50分・15時20分(先斗町・宮川町の芸妓・舞妓さんの福豆まき)
京都えびす神社 3日:18時(神事/日本雅楽の奉納演奏) 幸福茶接待

 ・北区  上賀茂神社 3日:10時(節分祭)11時(古神札焼上祭)
不思議不動院 1-3日:9~15時(護摩祈とう) 3日小豆がゆ接待

 ・右京区  天龍寺 3日:8~17時(福笹・絵馬2500円)11時半・13時半・15時半(豆まき、餅まき) 甘酒・たる酒接待
平岡八幡宮 3日:17時(節分祭)18時(形代・古神札を焼く厄よけの星祭) 甘酒接待
大覚寺 3日:10時(星祭/転読法要/福豆まき)

 ・左京区  真如堂 2・3日:10~16時(日数心経) 招福湯接待
三千院 3日:8時半(般若心経の読経/豆まき) ぜんざい接待
下鴨神社 3日:10時(節分本殿祭)11時(古神札焼納式)12時半(追儺式/弓神事)13時半(福豆まき/福もちまき)
平安神宮 3日:12時(狂言奉納)13時(節分祭)14時(大儺の儀)15時(茂山千之丞社中の鬼の舞/豆まき) 甘酒接待
聖護院 3日:13時(追儺式/福豆まき)15時(厄よけ開運の大護摩供)19時(古札焼き) 9時半~甘酒接待


 ・西京区  松尾大社 3日:10時(石見神楽の奉納)13時半15時半(弓矢の神事/鬼の舞/福まめ・もちまき)


 ・南区  吉祥院天満宮 3日:18時(鳴釜神事/古札符焼納祭) 甘酒接待

 ・伏見区  伏見稲荷大社 3日:9時(節分祭/豆まき)11時半・13時(豆まき)
藤森神社 3日:10時(節分祭)18時(太鼓/雅楽・舞楽の奉納)20時(追儺式/豆まき) 甘酒接待

どこに行くか迷いますね^^



京都話題ネットTOP

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る